メーカー
カタログコーナー
掲示板
管理者へメールを送る
クラウン - Crown(10代目まで)
・2代目 (S40系) 1962年〜
     
  この王者の貫禄。 堂々たる風格の中に、
素晴らしい高性能を秘めて走る、トヨペットクラウンデラックス。   
     
キャッチコピー    
     
・2代目 (S40系) 1963年〜
乗用車の王者、トヨペットクラウン。 ノークラッチ・ノーチェンジのトヨグライド。 
このクラスで最も長いホイールベースと、 独特のサスペンションで、
乗り心地は抜群。 素晴らしい高性能を秘めて走る、 トヨペットクラウンデラックス。
     
キャッチコピー    
     
・3代目 (S50系) 1967年〜 『新発売』篇
     
目を見張る新しさ美しさ、新型トヨペットクラウン。  
わが国で初めて採用したペリメーターフレームで室内は広く。 
それでいて運転席は 安全への配慮は完璧です。 突起物をなくした室内。
車の大きさを感じさせません。 ラバーでできたスイッチ類。
反射光をシャットアウトした計器盤。 二重三重に安全装置の付いた 厳しいアメリカ基準をしのぐ
ブレーキシステムなど 本格安全車です。
豪華さと安全性がここに集約、2000cc高速時代をリードする新型トヨペットクラウン。
     
キャッチコピー 2000cc高速時代をリードする  
CMソング オリジナル曲 (ニュークラウン)
出演者 山村聰  
     
・3代目 (S50系) 1967年〜 『発表会』篇
     
     
     
     
     
     
     
キャッチコピー 2000cc高速時代をひらく  
     
・3代目 (S50系) 1967年〜 『オーナーデラックス』篇
     
ハイライフセダン。 クラウンオーナーデラックス。 2000cc6気筒OHCエンジンのゆとりで、
思い切って遠くへ走ってください。   ゆったりと、のびのびと、
疲れを知らないクラウン。 安全設計も完璧です。 ご家族揃って新しい暮らしの
1ページを開いて下さい。   真っ白いクラウンは、
幸せなハイライフのシンボル。 "さぁ、あなたもいかがですか" しかもお求めやすいお値段です。
     
キャッチコピー 白いクラウン  
CMソング オリジナル曲 (白いクラウン ハイライフセダン)
出演者 山村聡  
      
・3代目 (S50系) 1968年〜 『オーナーデラックス』篇
    白いクラウンは誰にでも
楽に運転できる車です。 体にあわせて一番運転しやすい姿勢が取れるシート。
女の方にも無理なくこなせる切れの良いハンドル。
そして2000ccの強力エンジンが余裕あるドライブをお約束します。 どうぞ気軽に遠くまでお出かけください。
  白いクラウンは幸せなハイライフのシンボルです。
"さ、あなたもいかがですか"   しかもお求めやすいお値段です。
     
キャッチコピー 白いクラウン  
CMソング オリジナル曲 (白いクラウン ハイライフセダン)
出演者 山村聡  
     
・3代目 (S50系) 1968年〜 『オーナーデラックス』篇
    クラウンオーナーデラックスは
本格的安全設計の車です。 広々と明るい窓、ゆったりとした室内、見やすい計器盤。
隅々まで安全への願いが込められています。 2000cc6気筒の余裕あるエンジン。 このゆとりがあなたに安らぎを与え、
疲れを感じさせません。 いつもあなたとともに。
白いクラウンは幸せなハイライフのシンボル。 "さ、あなたもいかがですか" しかもお求めやすいお値段です。
     
キャッチコピー 白いクラウン  
CMソング オリジナル曲 (白いクラウン ハイライフセダン)
出演者 山村聡  
     
・3代目 (S50系) 1968年〜 『ハードトップ新発売』篇
     
     
    "さ、あなたもハイライフを楽しみませんか"
  白いクラウンに2000ccで初めて2ドアハードトップが加わりました。
  豪華さと安全性をさらに充実させたクラウン・ハードトップ。
あなたの大きな個性をしっかり受け止める車です。 より大きく、より豊かに。
あなたのハイライフを開く、 クラウン・オーナーデラックス。 さあ、クラウンで素晴らしい
ハイライフの世界へ出発して下さい。
     
     
キャッチコピー ハイライフクラウン
CMソング オリジナル曲 (ハイライフクラウン)
出演者 山村聡  
     
・3代目 (S50系) 1969年〜 『ハイライフ クラウン<新型>』篇
     
     
     
     
     
     
     
キャッチコピー ハイライフクラウン
CMソング オリジナル曲  
出演者 山村聡  
     
・3代目 (S50系) 1970年〜
     
     
     
     
     
     
     
キャッチコピー ハイライフクラウン
出演者 山村聡  
     
・4代目 (S60/70系) 1971年〜
        
     
美しさと豊かさ、これが新しいクラウンのテーマです。  
  クルマの顔がとってもいい。 角が取れてまさに円熟の境地、
でしょう?   高速性と安全性の見事な調和ですね。
     
日本の男盛りの皆様、一つエレガントに行きましょうよ。
     
キャッチコピー    
CMソング オリジナル曲 (こんにちは新しいクラウンです)
     
・4代目 (S60系) 1972年〜
クラウンのスタイルは高速性と安全性が見事に調和したスピンドル・シェイプ。
ええ、魅せますねぇ。 日本の男盛りの皆様、エレガンツ・クラウンで大きな世界へ。
     
     
キャッチコピー エレガンツクラウン  
CMソング オリジナル曲 (こんにちは顔の綺麗なクラウンです)
     
・4代目 (S60系) 1973年〜
     
     
     
    『やあ、クラウンの山村です』
     
     
キャッチコピー 男ざかりのクラウン GOLDEN LIFE on CROWN
CMソング オリジナル曲 (男ざかりのクラウン)
出演者 山村聰  
     
・4代目 (S60系) 1973年〜
  『クラウンが変わりました』  
ご要望にお応えして、クラウン62項目にわたる変更です。  
さらにたくましく、 さらに豪華に。 そして安全性はクラウンの伝統です。
『もう春ですね』(山村) 『こんどの、クラウン。』  
『あなたにとって大事な人は誰かしら』(吉永)
     
キャッチコピー 大事な人を大事にはこぶ  
出演者 山村聡、吉永小百合  
     
・4代目 (S60系) 1974年〜
     
     
『あなたにとって、大事な人は誰かしら?』 安心感に包まれて。
今日もクラウンが日本中を走っています。  
     
キャッチコピー 大事な人を大事にはこぶ  
出演者 山村聡、吉永小百合  
     
・5代目 (S80系) 1974年〜
『これは新車です。』(吉永)
『ただし38年前のね』(山村)
そして、新しいクラウンの誕生です。 風格あるデザインの中に、
ひたすら安全を求めて。 車作り40年、トヨタの新しい技術を集めました。
     
いま広がる、くつろぎの世界。 『くつろげるっていいですね』 さらに精悍さを増した、
2ドアハードトップ。 そして、ハードトップのシルエットに安全のピラーをつけた新しいスタイル。
4ドアピラードハードトップが新登場。 『どうです、新しいクラウン』 ♪ニュークラウン
   
     
     
出演者 山村聰、吉永小百合  
     
・5代目 (S90系) 1974年〜
  新しいクラウンのハードトップに、4ドア登場。
ルーフから一体となった安全のためのピラー。第3のスタイルといわれる新しい車です。 『話題の4ドアピラードハードトップです』
  いま広がるくつろぎの世界。  
ニュークラウン4ドアピラードハードトップ。 『さ、ご一緒しませんか』  
     
出演者 山村聰、吉永小百合  
     
・5代目 (S90系) 1975年〜
     
ひたすら安全を求める クラウンから生まれた ピラーのあるハードトップ。
     
『ピラーのあるハードトップ。 クラウン、4ドアピラードハードトップ。  
さ、ご一緒しませんか。』    
キャッチコピー ピラーのあるハードトップ  
出演者 山村聰、吉永小百合  
     
・5代目 (S90系) 1975年〜
    線質、
これは音のない穏やかな世界のこと。これだ。 そして明快で簡素な美しさがいい。
直線の力強さ、 時間を越えた日本の美しさに直面した時、私はいつの間にか、
それらの被写体に引き込まれてしまう。
いま、安らぎの時が広がる。
美しい日本のクラウン。    
     
キャッチコピー 美しい日本のクラウン  
出演者 山村聡、吉永小百合  
     
・5代目 (S100系) 1976年〜
   伝統ある品格を、 更に極限にまで深めた
新しいクラウンの登場です。   格調のピラードハードトップには、
ロイヤルサルーンを加えて。   いま、円熟のクラウン。
     
キャッチコピー 美しい日本のクラウン  
出演者 山村聡、吉永小百合  
     
・5代目 (S100系) 1978年〜
  伝統に息づく、壮麗な直線美を生かして、
クラウンが新しくなしました。   日本の心と、トヨタの技術を結集して。
  さらに高い頂点へ。  
『美しい日本の新しいクラウンです』    
     
キャッチコピー 美しい日本の新しいクラウン  
出演者 山村聡、吉永小百合  
     
・6代目 (S110系) 1979年〜
新しいクラウンの誕生です。 確かな技術と伝統を受け継いで、クラウン、今完成美に至る。
     
  日本の薫り、新しいクラウン。  
     
キャッチコピー 日本の薫り  
出演者 山村聡、吉永小百合  
     
・6代目 (S110系) 1983年〜 『新エクレール』篇
  『クラウンに新エクレール83年シリーズが登場しました。』
  『シートには豪華なフルモケットシートを採用。』 『そして贅沢なブロンズガラスを装備しました。』
『ターボディーゼルをはじめお求め易いタイプまで、 充実のシリーズ完成です。』
ちょっと誇らしく、クラウン新エクレール。   『貴方にきっとお似合いですよ。』
     
キャッチコピー ちょっと誇らしく  
出演者 吉永小百合  
     
・7代目 (S120系) 1983年〜 『新登場』篇
  クラウンが新しく生まれ変わりました。 いつかはクラウン、
と多くの方が仰います。 新しいクラウン、 お乗りになると、その想いを
更に深められるでしょう。 是非一度お確かめ下さい。 トヨタ最新技術の粋を集めた
ロイヤルツインカム。   新型クラウン。
     
キャッチコピー いつかはクラウン ロイヤル・ツインカム
CMソング 交響曲40番第1楽章 by モーツァルト
ナレーション 石坂浩二  
     
・7代目 (S120系) 1983年〜
  馬車が華やかに行き交った石畳。 かつて貴族にとって、ここを
    絶え間ない振動に揺すられていく事は
むしろ誇りだったかもしれませんね。   あっ、新しいクラウンです。
  ボディをフレームの上に浮かべた、新しいクラウン。
長い時の隔たりは、走るという行為を 今私たちは、振動を少しも意識せずに いつかは、クラウン。
 こんなにも変えてしまったんですね。 走る事に誇らしさを感じています。  
     
キャッチコピー いつかはクラウン ロイヤル・ツインカム
ナレーション 石坂浩二  
     
・7代目 (S120系) 1984年〜
    新しいクラウン。
お乗りになると、 路面からの細かな振動までもが ずっと小さくなっていることに
お気付きになります。 フルフローティングボデー。 いつかはクラウン、
その想い、一層深められるでしょう。 ロイヤルツインカム、新型クラウン。 エクレール、そしてアスリート新登場。
     
キャッチコピー いつかはクラウン ロイヤル・ツインカム
CMソング 交響曲40番第1楽章 by モーツァルト
ナレーション 石坂浩二  
     
・7代目 (S120系) 1984年〜 『6M-GEUツインカム3000車デビュー』
  クラウンに乗る歓びがまた深くなりました。
  日本初ツインカム3000搭載。  
いつかはクラウン、その理由がまた一つ。  
     
キャッチコピー いつかはクラウン ロイヤル・ツインカム3000
CMソング シューベルト作 美しき水車小屋の娘 第9曲「水車職人の花」
ナレーション 石坂浩二  
     
・7代目 (S120系) 1985年〜 『1G-GZEU車登場』篇 (マイナーチェンジ)
     
その想いにお答えして、スーパーチャージャーを日本初搭載。  私はいつも、先んずるものを求めてきた。
新しいクラウンの誕生です。   "Fun To Drive トヨタです。"
     
キャッチコピー いつかはクラウン ロイヤル・パフォーマンス
CMソング ニュルンベルクのマイスタージンガー by ワーグナー
ナレーション 石坂浩二  
     
・7代目 (S120系) 1987年〜 『特別仕様車アスリート登場』篇
 いつかはクラウン。 その想い新たに。 クラウンアスリート新登場。
スーパーチャージャーを特別に搭載。    
ロイヤル、パフォーマンス。 いつかは、クラウン。 "Fun To Drive、トヨタです。"
     
キャッチコピー いつかはクラウン ロイヤル・パフォーマンス
CMソング 幻想交響曲 第二楽章「舞踏会」 by ベルリオーズ
ナレーション 石坂浩二  
     
・8代目 (S130系) 1987年〜
     
満たされて、新しいクラウン。    
日本の誇りと、歓び。 ニュークラウン誕生です。 "Fun to Drive、トヨタです"
発表会告知  
     
     
キャッチコピー 日本の誇りと歓び  
     
・8代目 (S130系) 1988年〜
    磨きこまれたものだけが、
豊かな深みを語ります。    
    クラウン。
     
キャッチコピー 誇りと歓び-わがクラウン。  
CMソング ラ・ジョコンダ〜時の踊り by ポンキエルリ
     
・8代目 (S130系) 1989年〜
ひときわ、新しいクラウン。
V8ロイヤル。
ニュークラウン誕生。 あなたがお待ちになっていた、クラウンです。
     
キャッチコピー 格別の誇りと歓び  
     
・8代目 (S130系) 1990年〜
     
満たされたときに、 包まれていく。  
  クラウン、その想いひときわ。  
     
キャッチコピー クラウン、その想いひときわ。  
     
・9代目 (S140系) 1991年〜
     
     
    すべては、クラウン。
     
キャッチコピー すべては、クラウン。  
CMソング 交響曲第9番二 短調 第一楽章 by ベートーベン
     
・9代目 (S140系) 1992年〜 『マジェスタ』篇
     
  深く、静かに。  
  求めたのは、豊かな味わい。 クラウンマジェスタ。
     
キャッチコピー    
     
・9代目 (S140系) 1992年〜 『ロイヤルシリーズ』篇
     
クラウンは、その人の姿です。  
   
いつまでもクラウン。    
     
キャッチコピー いつまでも、クラウン。  
     
・9代目 (S140系) 1993年〜
  これが新しいクラウンのカタチです。  
     
  クラウン、誕生。 あの人が乗っている。
     
キャッチコピー 新しいクラウンが、動きだす。  
CMソング Anohito No Waltz by Michael Nyman
     
・9代目 (S140系) 1993年〜
     
     
クラウン。 あの人が乗っている。 ロイヤルエクストラ新登場。
     
CMソング Anohito No Waltz by Michael Nyman
     
・10代目 (S150系) 1995年〜
クラウンの走りが、新しくなりました。
     
     
  美しく、走る。 新しいクラウンの誕生です。
     
キャッチコピー 美しく、走る。  
     
・10代目 (S150系) 1995年〜
クラウンの走りが、新しくなりました。
     
  美しく、走る。 新しいクラウンの誕生です。
     
キャッチコピー 美しく、走る。  
     
・10代目 (S150系) 1995年〜 『マジェスタ』篇  
普段は鬼、とか呼ばれてるらしいけれど社員たちからのバースデープレゼント。 似てないでしょ。 似てる?
     
  新クラウンマジェスタ、誕生。 この車はまずオーナーを誇りたい。
     
キャッチコピー この車は、まずオーナーを誇りたい。  
CMソング フレンズ by 久石譲
     
・10代目 (S150系) 1996年〜 『マジェスタ』篇
秘書が退院したので、ちょっと病院まで迎えに行ってあげようと… 別に他意は無いですよ。 他意は。
     
  新クラウンマジェスタ、誕生。 この車はまずオーナーを誇りたい。
     
キャッチコピー この車は、まずオーナーを誇りたい。
CMソング フレンズ by 久石譲
   
・10代目 (S150系) 1996年〜
     
    美しく、走る。
  "Oh, It's a Crown."  
     
キャッチコピー 美しく、走る。  
CMソング J.S. Bach "Gavotte" from "Suite nr.6" by Yo-Yo Ma
     
・10代目 (S150系) 1996年〜
  無心になろうとする。  
雑念ばかりが浮かんで、 まだまだ、未熟です。  
足も、痺れてます。 クラウンマジェスタ。 この車は、まずオーナーを誇りたい。
     
キャッチコピー この車は、まずオーナーを誇りたい。  
CMソング フレンズ by 久石譲
     
・10代目 (S150系) 1997年〜
     
    『このときめきは、何ですか。』
  『クラウンを教えてください。』 ニュークラウン、誕生。
     
キャッチコピー クラウンを教えてください。  
CMソング メロディ by 諏訪内晶子
出演者 諏訪内晶子  
     
・10代目 (S150系) 1997年〜 『ロイヤルツーリング』篇
     
     
     
     
キャッチコピー クラウンを教えてください。  
出演者 草刈民代  
     
・10代目 (S150系) 1997年〜 『マジェスタ』篇
     
      
     
     
キャッチコピー この車は、まずオーナーを誇りたい。
CMソング フレンズ オーケストラ版 by 久石譲
11代目以降のページへ進む トヨタINDEX トップに戻る

※画像は説明の為の引用と考えておりますが、何か問題がある場合には管理者にご一報願います。